グローブにかける思い

 K-ismでは“手に素直なグローブ”をコンセプトに掲げ、製造しています。
 手の延長としてグローブを自然に扱えるための細かな工夫を凝らし、ストレスが少なく捕球できるように追及しています。
 よく開き、しっかりと掴める設計にしてありますので打球に対してスムーズなプレーを可能にしています。